家族を見送る

亡くなった病院から通夜会場までの搬送

病院で亡くなられた場合、なるべく早く遺体を自宅や所定の安置場所に搬送する必要があります。
病院から外に出す場合、「死亡診断書」が必要になります。
遺体を搬送する場合、寝台車が必要になります。
自家用車で搬送しても大丈夫ですが、ご家庭の車ではなかなか難しいので、
大半の方が葬儀会社の方に遺体を安置場所まで搬送してもらいます。

そのため、亡くなった直後に葬儀会社を決める必要があります。
「縁起が悪い」と、言われますが、生前に葬儀会社を下調べしておくのもおすすめです。
また、病院から葬儀会社を紹介してもらうことも出来ます。

葬儀会社に搬送してもらう場合、到着時刻までに、清算して死亡診断書を貰います。
葬儀会社には、搬送先を伝えます。
搬送する場合、死亡診断書を持った方が同乗する必要があります。
ご自宅に搬送するのが一般的でしたが、最近では遺体安置室などに一時的に預かってもらうことも出来ます。
ですが、この場合、葬儀をお願いする、会社、斎場を決めて安置する場所を確保する必要があります。
檀家になっている菩提寺がある場合には、そちらにも連絡しましょう。

自宅に搬送した場合、通夜までの間「枕飾り」をして、安置しましょう。
この枕飾りにも、宗教・宗派によって違うことがありますので、よく確認しましょう。
そのあと、葬儀会社や近親者と葬儀の内容などについて打ち合わせをします。
葬儀会社が決定すると、必要なことはすべて教えてもらえるので、指示されたことをこなしていきましょう。

お通夜は、ご自宅、葬儀場どちらでも行えますが、
ご自宅から葬儀場に搬送する場合には、葬儀会社の方が搬送してくれます。
通常亡くなった翌日・翌々日に行われることが多いようです。
通夜、葬儀と2日続けて行う場合には、葬儀場に安置してもらえますし、
葬儀場に宿泊施設がある場合もあります。

宗教・宗派によって違うこともたくさんありますので、
葬儀会社の方や僧侶に確認して、故人の最後を見送りましょう。

Menu