家族を見送る

葬儀までにしなければならない事とは

近親者が無くなられた場合、ゆっくりとお別れしたいですが、
実際には、準備することも多く、ゆっくりお別れできないのが、実状です。
葬儀までにすることは、亡くなられたら、なるべく早くにご遺体を搬送する必要があります。
搬送する場合には、「死亡診断書」が必要になりますので、用意しましょう。
病院で亡くなられた場合、精算時に「死亡診断書」を発行してもらえます。

葬儀会社も選びましょう。
決まっていない場合には、葬儀会社にとりあえずご自宅に運んでいただくということもできます。
仏教、神式、キリスト教式など、葬儀の形式を決定しましょう。
故人の意向に沿って従いましょう。
宗派によって、細かいしきたりなどがありますので、よく確認しましょう。

その次に、喪主を決めます。
通夜の前までには決定しましょう。
配偶者が一般的に、喪主を行いますが、配偶者がおられない場合、
ご高齢の場合などには、血縁の濃い順番に決定します。

葬儀会社が決定したら、葬儀会社と、近親者で打合せしましょう。
近年では、故人が葬儀会社と契約している場合があります。
そのため、生前に、葬儀について話し合っておくのが、おすすめです。
葬儀の規模、費用などを決めます。
葬儀費用の目安は、無理のない範囲で、ある程度お香典で賄える範囲で行いましょう。
生命保険の最低金額が目安とも言われています。

葬儀会社が決定すれば、あとは、指示通りに動くだけで葬儀を行うことができます。
今は、葬儀会社にお願いすることがほとんどです。
近親者に連絡する事や、故人に合わせたい人などにも連絡しましょう。
近親者は、特に葬儀が終わるまでバタバタとすることがたくさんありますので、
葬儀会社にお願いする場合は遠慮なく手を借りましょう。

特に、通夜が始まってしまうと、ゆっくりお別れする時間がありませんので、
準備は葬儀会社に任せてゆっくりと最後のお別れをしましょう。
葬儀会社を手配しない場合には、遺族だけですべてを行うのは大変です。
世話役などをお願いして行いましょう。

Menu