家族を見送る

家族の葬儀における忌引き休暇

忌引き休暇とは、身内が、亡くなった時にもらえる休暇の事です。
「肉親や親戚の死に際し、一定期間自宅にこもって身を慎み、故人の霊に仕える」ことを指します。
そのため、通常の欠勤や欠席と違う扱いになります。
学校などの場合には、出席しなければいけない日数から欠席した日数が差し引かれることになります。

忌引き休暇は、一般的に亡くなった日、または亡くなられた翌日から換算して、
配偶者10日間 親 7日間 子 5日間 祖父母 3日間 兄弟 3日間 孫 1日間
叔父・叔母 1日間、配偶者の親 3日間 配偶者の兄弟 1日間 配偶者の祖父母 1日間というのが一般的です。

遠方にすまれている場合には、実際、移動にかかった日数を加算できることもあります。
これは、すべての会社に当てはまるわけではありませんので、就業規則を確認しましょう。

忌引き休暇のない会社や、日数が少ない会社は、有給休暇を当てはめることが多いようです。
忌引き休暇を取得する場合、直属の上司や社長などに連絡しましょう。
人事部や、総務部でも受け付けてもらえる会社もあります。
事前に就業規則を確認しておくといいでしょう。

自分との続柄・葬儀会場・通夜、葬儀の時間と場所・携帯以外の緊急連絡先などを伝えましょう。
休暇を取得できる日数についても同時に確認して、実際に休暇を取得する日数を使えます。
会社によっては、ご両親などが亡くなられた場合、会葬に来て頂いたり、
花輪がおくられるなどすることがあります。
しっかりと伝えましょう。

休暇を取得する際に証明として、葬儀の礼状などを提出しなければならないという場合もありますので、連絡する際に確認しましょう。
一般的には、会葬礼状を証明としている会社が多いようです。

葬儀は突然やってきますので、いざという時でも対応できるように、
ご自身の会社の就業規則を確認しておくのがおすすめです。
また、同じ職場の方同士で、会葬したり、お香典のやり取りがある場合は、
葬儀に関する情報をしっかりと伝えましょう。

Menu