家族を見送る

はじめての喪主どうすればいい?

喪主とは、その葬儀に関する一連の行事を取り仕切る方です。
喪主は、一般的に、配偶者、長男、次男と息子から選びますが、
娘さんだけのご家庭の場合は、結婚されていても、長女、次女と娘から選びます。
喪主に当たる方が、ご高齢の場合や、小さすぎる、という場合には、血縁の濃い順番から選んでいきます。
通夜が始まるまでに、喪主を決定しておきましょう。

他に喪主がすることは、葬儀会社の打合せ、菩提寺・近親者などへの連絡、
弔問客への対応、挨拶、僧侶のおもてなしです。
通夜が始まりましたら喪主は、故人の代わりに弔問を受けましょう。
その他の実務などは、世話役を決定しておくのがおすすめです。

弔問客には、平等に接する必要がありまので、お出迎え・お見送りなどはしないのがベターです。
実際には、葬儀会社の方が細かいところまでフォローしてくれますので、
指示に従って行動すればきちんと葬儀を行う事が出来ます。

喪主といえば、やはり「挨拶」ですよね。
お悔みをいただいた場合の返礼は、
「お忙しいところ、おいでいただきありがとうございます」
「生前はお世話になりました」などと簡単に挨拶するだけでも十分です。
他にも、挨拶が必要な場所は、通夜、葬儀、出棺、精進落としの席です。

挨拶を行う時には、来て頂いたお礼、故人との思い出、などを交えて簡潔に挨拶を行いましょう。
話をするのが下手、苦手だという方は、紙に書いて読んでもOKです。
気持ちがこもった挨拶を行う事が重要です。
インターネットや本などに文例がのっていますので、それを参考にしてもいいでしょう。

挨拶する前に、不備などが無いか、葬儀会社の方に確認してもらってもよいでしょう。
葬儀会社をお願いする場合、葬儀についてのすべてを進行してもらえますが、
何かわからないことがあれば聞いてみましょう。
慣れるものではありませんので、迷うことや、わからないことがあって当然です。
納得のいくお別れをしましょう。

Menu