家族を見送る

葬儀会場と火葬場予約の重要性

故人が亡くなられて、一番にすることが、葬儀会社の手配ですが、
それが以外にも葬儀会場の予約、火葬場の予約をする必要があります。
葬儀会場を予約する場合、葬儀会社に手配してもらえることがおおいですが、
混雑している場合もありますので、すぐに予約して場所を確保する必要があります。

特に、関西では、亡くなられた翌日に通夜、翌々日に葬儀を行う方が多いので、
亡くなられたらすぐ予約するのがおすすめです。

火葬場の予約は、市役所でもできるところが多いようです。
死亡診断書を市役所に提出する際に、火葬場の予約を行ってから、
提出する必要がありますので、先に火葬場の予約をしましょう。

死亡診断書を提出すると、「死体火葬許可証」を発行を受けましょう。
この「死体火葬許可証」がないと、火葬することが出来ません。
火葬後、必要事項を火葬場で記入してもらうことで、「埋葬許可書」になります。
インターネットから空き時間の確認や、予約が出来る自治体もあるようです。

葬儀をスムーズに行うためにも、葬儀会場と火葬場の予約は、大変重要です。
亡くなったことを知らせるためにも、通夜・葬儀の時間と場所を伝える必要があります。
葬儀会社と事前相談・生前予約を受け付けている会社もあります。

最近では、故人が予約している場合もありますので、
生前から葬儀について話し合っておくと、スムーズに事が進みます。

人の生き死には、突然起こります。
そのため、準備を行っていない。という場合がほとんどですが、いざという場合にも対応できるように
事前に調べておいたり、予約しておくことで、冷静に落ち着いて行動することが出来ます。
特に、近親者が亡くなられた場合、バタバタと忙しく準備する必要があります。

特に、葬儀はわからないことが多く、気づいてみれば予算オーバーしていたという事も。
落ち着いて故人と最後のお別れが出来るように、準備しておくと安心ですね。

Menu